2008年01月06日

波乱の年明け2008

新年のご挨拶が大変遅れましたが、2008年、
あけましておめでとうございます。
P1020150.JPG


と、デラの満面の笑顔でも載せたいところなのですが。。。
実は今、デラは笑顔になれない状況にいます。
2008年の年明けは、我が家にとって予想だにしない出来事の連続でした。


あ、今回の記事は少々長くなると思います。
お時間のあるときに、デラの様子をのぞいてやって下さいませ。


異変に気づいたのは大晦日の朝でした。
その前の日までは、いつも通りにお散歩に行き、ごはんもしっかり食べ、
特に普段と変わりなかったのですが、
大晦日の朝、あんなにゴハン命のデラがゴハンを一口も食べなかったのです。
普段からデラの食い意地を笑って、
「デラがゴハンを食べなかったらよっぽどのことだね」と言っていたので、
これは大変!とパパさまを起こして病院へ行くことにしました。


病院にいく道すがら、いつもお世話になっているペットフードショップのご夫婦に
相談したところ、「きっとお留守番が多くなったのにすねてるんじゃ?」
「ストレスがたまってるのだったら遊ばせてあげたらいいのでは?」
と助言を受けた。実際、その奥さんの手からはフードをパクパク食べたし、
なんだぁ〜、そういうことだったのか!それなら思いっきり遊びに多摩川に行こう!
ってことになり、その足でさっそうと河川敷に向かったのでした。
P1020860.JPG


大晦日の河川敷はさすがにガラガラで、遊び放題!
さっそくパパさまに高い高いしてもらったり、
P1020784.JPG


ボール遊びで走り回ったり、
P1020798.JPG
楽しい時間を過ごそうと、遊びまくりました。


それでもなんとなくまだすっきりしない表情だったので、
P1020791.JPG


帰る時間を延ばして、またまた爆走〜。
P1020811.JPG


さすがに日が暮れたら寒くなるから、日が傾いた頃に帰途に着いた。
P1020844.JPG


しかし。
デラはうちに着く前にリュックの中で嘔吐。
そして家について体を洗っている間に、また嘔吐。
その後も激しく嘔吐を繰り返し、
ついには水を一口飲むだけでも吐いてしまうほどに。。。


もうすぐ年明け。。。明日は元旦。。。
でもこれはもう待ってはいられない。
ということで、再度ショップのご夫婦に相談したところ、
「夜間動物救急センター」というところに連絡してくださり、
受診できることになった。
この日はたまたまこのショップのポメちゃんたちの
かかりつけの獣医さんがセンターに来られるとのことで、快く受け入れてもらえた。
そしてセンターに来れば機材がそろっているので、その場で検査結果が出せるとのこと。
大晦日の紅白も中盤という時間なのに、ショップのご主人が車を出してくれて、
救急センターにたどり着くことができた。
P1020937.JPG


着いてびっくり。人間の大学病院なみの施設。
ここは「日本動物高度医療センター」という高度医療特化の病院に隣接しており、
救急センターは川崎市の獣医師会が運営している。
なんでも、ちまたの24時間救急を掲げる病院は金銭的なトラブルが絶えないらしく、
(運び込んで処置が終わると何十万という請求がくることが多いらしい)
さらに誠実な救急医療が行われていない現状もあり、川崎市では獣医師会が
立ち上がって、地元の獣医師たちが持ち回りで夜間救急に対応してくれている、
とのことでした。


デラが着いたら、それはそれは迅速な対応。
問診と並行して、血液検査を行い、レントゲンを撮り、腹部超音波検査と続いた。
どの検査もその場で結果が出るので、すぐに呼ばれて説明を受けることができた。

結果は、子宮蓄膿症だった。

子宮蓄膿症は避妊をしていない中高齢の雌犬に多い病気だが、
まれにデラのような若年の症例もあるようで。。。
子宮にたまったばい菌が体にまわると、腎機能や肝機能を侵し、
多臓器不全で亡くなることもあるが、デラはそこまではいかない状態で、
でも放っておけばそのような経過を辿るそうだ。
子どもを産ませることにこだわらないのであれば、
なるべく早期に手術したほうがいいという見解でした。


もちろんデラの健康がなにより大切なので、手術をすることに異論はなかった。
でも、ここはあくまで救急センターなので、継続治療が必要な場合は
かかりつけに戻らなくてはいけない。この日は血中の電解質の値も悪く、
白血球もかなり上がっていたので、点滴だけしてもらうのが精一杯だった。


わたしはどうしてもかかりつけに戻りたくない理由があった。
今回、デラのヒート(正確にはヒートじゃなかったんだけど)が始まったとき、
どうも様子がおかしいし、出血も匂いが気になったので
かかりつけに連れて行っていた。でも、血液検査もなかったし、
満足な評価もなくて、結果こんな悪くなるまで放っておいてしまっていた。
本当は悔しくて言いたいことがいっぱいあったけど、
今はそんなことより、いいお医者さまに執刀してもらいたかった。
そこで、信頼できるお医者さまがいないと伝えると、
先述の、ショップの子たちを診ている先生が、入院と手術を快く受けてくださった。


これで一安心。
デラはその日、そのまま入院となり、結局今年はデラのいない年明けとなった。
手術は3元日があけた4日に決まり、それまでは抗生剤で炎症を抑えることになった。
抗生剤の点滴や投薬を受けたデラは、それはそれは元気になり、
ここ数ヶ月見せたことのない、束の間の笑顔を見せてくれた。
その笑顔を見て、あぁ、本当に長い間辛い思いをさせていたんだなと思うと、
やりきれない気持ちだった。


デラは抗生剤で思いのほかよく回復したので、2日3日は家で過ごせた。
ゴハンをおいしそうに食べてくれるのがこんなにうれしいことなんだと気がついた。


そして手術の日の朝。朝から水もゴハンも禁止で、電車に揺られて病院へ。
P1020919.JPG


パパさまに運ばれ、さっそうと。
P1020921.JPG


着いたらすぐに点滴を入れて、お別れ。
珍しくデラが声をあげて泣いた。泣き続けた。
普段声を出さないデラが、1年分泣いてるんじゃないかってくらいの声だった。


その晩、電話で無事に手術が終わったと連絡があり、どんなに安心したことか!


次の日、摘出したものを見るのと、デラの顔を見にまた病院へ。
複雑な思いでデラの卵巣と子宮を見た。
やっぱり卵巣が悪かったらしく、素人が見ても明らかに分かるくらい、
黒っぽく変色していた。子宮の内壁も黒かった。
でも当の本人は、朝からゴハンも食べて経過良好とのこと。
はぁー、食い意地が張った子でよかった〜。


そして今日、退院。
おなかに大きな絆創膏をつけて、やっと我が家に戻ってきました。
P1020927.JPG


もちろん、まだ痛いみたいで全然本調子ではないけど、デラがんばってます。
P1020936.JPG
現在はまだ多飲多尿で心配ですが、様子を慎重に見守っていこうと思います。


こんなドタバタな年明けでしたが、考えさせられることがたくさんありました。
デラのことは、いつも一緒にいるわたしが一番分かるはずだし、
分からなければいけないことです。
今回、朝、デラがゴハンを食べなかったのに、わたしたちの軽い判断で、
爆走させてしまったこと。いくらすねてるのかも、と言われても、デラの性格を
一番わかってるのはわたしなわけで、判断を誤ったのは本当に申し訳なかったと思います。
おかしいと思うのは勘かもしれないけど、本人は言葉をしゃべれないんだし、
やっぱりどんな些細なサインもしっかり受け止めなくちゃいけないんだなと
あらためて思いました。
デラに辛い思いをさせてしまったのは飼い主の責任が大きいと思います。
それから、お医者さん選びも大切でした。
いろんな獣医さんがいて、いろんな飼い主がいるので、相性もあると思います。
でも妥協しないで、信頼できるお医者さまを早く身近に見つけておくことが
大切だと思いました。


まだまだ思いはたくさんありますが、今日はこの辺で。。。


こんなデラ家ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m











ニックネーム dellaママ at 22:26| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなに大変な事になっていたとは。。。
心配でしたね。。。
デラちゃん元気に回復されているご様子で本当に良かった。
dellaママさんもパパさんも、これ以上出来ない位、考えて行動されていると思います。
デラちゃん、優しいパパママで幸せいっぱい感じていると思います。


お大事になさって下さい黒ハート
Posted by maimai at 2008年01月06日 23:02
デラちゃん大変なことになってたんですねがく〜(落胆した顔)
でも大事に至らなくて良かったぁ。。。
一先ず安心でしょうか。

まずはパパ様がお休みだったのと、身近に相談できる方がいてよかったですね。
信頼できる獣医さん・・・うちも見つけておかなきゃな顔(チラッ)
今かかってる先生でも決定だけど、やっぱり1箇所だけじゃ不安だし・・・

デラちゃんの元気な姿が見れる日が早く来るといいですね!
しばらくは安静ですね。
お大事になさってくださいね。
Posted by あさり at 2008年01月06日 23:49
デラちゃん、お大事になさってください。
早く全快するようお祈りしてます。
デラちゃんのステキな笑顔が早く見られますように。
この動物救急病院、以前テレビで紹介されているのを見ましたよ。
信頼できる獣医さんってやっぱ大切ですね。
Posted by amico at 2008年01月07日 02:22
デラちゃん、早い処置で大事に至らなくて
本当に良かったですねっ

信頼出来る獣医さん・・・う〜ん・・・
考えさせられます。
ウチも何度も病院を変えて、今は落ち着いてますが
それでも納得は出来てません。
大事な我が子を100%任せられる獣医さんを探すのは
大変な事だとつくづく思います。

元気な姿をまた見させて下さいねっ
お大事に〜
Posted by omusubi(エルフ) at 2008年01月07日 07:45
何より無事でよかった。
最初の文から何か予想だに出来ない何かが起こったと察し、読み始めるのをためらってしまったほど。ほんとに無事でよかった。

動物はしゃべれない。
瞳で何かを語ります。
河川敷での冴えないお顔というのは「違うよママそうじゃないんだよ」と言ってる様に今では思います。
全然比じゃないけどcandy、昨日外出先から家族みんなで帰ってきたのにいつもと様子がちがく、探し物をしていたため引き出しをあけたりしめたりしてるこんな落ち着きのない私の横に座って見つめて離れようとしないんです。尻尾も下がってるし。
何か様子がおかしくない?ってパパと話して部屋を見回してたら原因がわかりました。

娘が出先でもらった風船でした顔(汗)
風船が怖かったのです。

ほんとに些細な事だけど、ワンコのサインには理由があるんですよね。
今回、迅速な処置を取ったママさんパパさんはそれでいいんだと思います。
子育ても犬育ても一緒。
ママさんの思いはすごくわかります。
そしてここに書く事で報われると思います。

デラちゃんの元気なお顔、また見せてくださいね。お大事に。


Posted by candymum at 2008年01月07日 16:29
デラちゃん、大変だったのですね。。
ワンコのどんな小さなサインも見逃さず・・できそうでいて難しいことだと思います。それと信頼できる病院選びも。

とっても大変な年明けだったけど、デラちゃんとパパさん、ママさんの絆はより深まったのだと思います。

早く元気になって、その深まった絆をもっともっと深いものにしていく一年となりますように!
Posted by zero at 2008年01月07日 18:39
ママさん、パパさん本当に気が気でなかったことでしょう。。。
デラちゃん大変だったね。。。。
あまりママさん自分を責めないでくださいね。

今だから、あの時こうしてればよかったとか思うのであって、
その時その時は、考え、ショップの方にも相談されて、
いい病院、そして迅速な処置をしてくださったのだから。。。

私も今は病気もなく健康でいるけど、かかりつけの病院のこと
真剣に考えようと思いました。

デラちゃん元気になったらまた会いましょうね。
Posted by くるみママ at 2008年01月07日 21:54
デラちゃん,大事に至らずほんとによかったですね。
ママさん・パパさんも苦しい思いをされたのだと思います。

物云わぬワンコ達の思いを受け取ることって難しいことですね。
今回のことでママさんもいろいろ思うところもあったと思いますが,
あまりご自分を責めませんように。
あまり神経質に付き合っていくと,デラちゃんも辛いですよ〜。
子供の,「あれ?ちょっと変だなぁ」はママが必ず気付きます。
だから大丈夫です!

育児っていろいろなことの繰り返しで,
ママも一緒に勉強してママらしくなるんです。

食欲が出てきているならもう心配はありませんね。
はやくデラちゃんのめんこい笑顔が見られますように。
Posted by こなまま at 2008年01月07日 22:46
おはようございます。
今年から(てか、今朝から)
ハンドルネームを変えてみた、
元・ペイント保護者でございます。

ホントに波乱の年越し、年明けだったのね。
今はともかく、デラちゃんが無事で何より。
ママさんもパパさんもお疲れさまでした。
そして、一番デラちゃんが大変だったのね。

年齢も、体格もペイントさんとほとんどおなじ。
とても他人事とは思えません。

でも、私もふと、
ペイントさんの体調不良があったとき、
ちゃんと気付いてあげられるかは
全く自信ありません。

以前、自分の息子の肺炎に、
気付いてあげられなかった時は、
本当に自己嫌悪になりました。
混んだり、待つのがいやで、
小さな個人病院にばかり行っていた自分が
本当にバカだなって思いました。

でもこうして、
情報交換できることは貴重なことだし、
ママさんだって、
最初から完璧な人はいないもんですよ。
ママっていうのは、
いつも完全でいたいと自分では思うんですけどね。

デラちゃんの元気が戻ったら、
ママさんの元気も戻りますように。。。
Posted by ペイントさんちのフランソワ at 2008年01月08日 09:05
デラちゃん、大変でしたね。でも、ほんとに無事で良かったです。ほんとに。
動物が病気をすると人間のように言葉であそこが痛い、ここが痛いって伝えられないから本当にかわいそうなんだけど、でも、あんまり自分自身を責めないで下さいね。一日も早くデラちゃんが完全に元気になりますように!お大事にね。
Posted by Sona at 2008年01月09日 04:34
ぴかぴか(新しい)みなさま、温かいお言葉、本当にありがとうございました。
どんなに優しい気持ちになれたことか。。。
優しい方々とお友だちになれてホント幸せです。ぴかぴか(新しい)


●maimaiさんへ

maimaiさーん!ありがとうございます。
ほんと至らない飼い主で、デラにかわいそうな思いをさせてしまいました。
でも、そんなふうに言っていただけると救われます。

今回は本当にいろんなことを考えさせられました。
これからは、ちゃんとデラのサインに気づけるようになりたいです。そしてデラに幸せを感じてもらえるような飼い主に。。。

はぁ〜、道のりは長そうですが、がんばります(笑)。
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 10:10
●あさりさんへ

そうなんですよぉ。もう年越しもお正月も病院に通う日々でした(苦笑)。
でも、あさりさんの言うとおり!わたし一人じゃテンパってたと思います。パパさまやショップのお友だちに感謝です。

獣医さん、普段はいいんだけど、何かあったときにセカンドオピニオンを聞けるようなお医者さんがいると心強いですね。

デラは今日はだいぶ元気を取りもどしてきた様子です。ふぅ〜、心配させるなぁ。。。
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 10:16
●amicoさんへ

どうもありがとうございます。
最近笑顔がなくなったのは寒いからかな〜?なんて勝手に思ってたのですが、違いました。。あーフガイナイ。。。
またデラの能天気な笑顔をお見せできるようにしっかり看病します。

え?テレビに出てたんですか?でもそのくらい立派な建物だったもんなぁ。
獣医さん選びってなかなか難しいです。でも妥協しちゃいけないなってほんとに思いました。
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 10:20
●omusubiさんへ

どうもありがとうございます。
早い処置、と言っていいのか。。
遅すぎたからこんなことになってしまったのではないか。などなどいろいろ考えますが、とにかく大事に至らなくてほんと何よりでした。よい飼い主になるにはまだまだ修行が必要です。

獣医さん選びは簡単じゃないですよね。
ワクチンやフィラリアの薬くらいなら大差ないけれど、何かあったときは心から信頼できるお医者さんに診ていただきたいです。
わたしもこれから慎重に探そうと思います。

早く元気な姿をお見せできるよう、がんばります!
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 10:26
●candymumさんへ

もぉぉぉ、mumさんのコメント、涙がにじみました。マジで。

今から考えると、ほんと、一つ一つがデラからのサインで、どうしてあんなに安易な行動をしたんだろうと情けなくなります。
ここには書いてないけど、いろんなサインがあったんですよね、ほんとは。
河原で走ってたときも、当たり前だけどいまひとつ元気がなくて。笑ってもくれなくて。
ほんと「違うんだってば。わかってよぉ。」って言ってたんでしょうね。

これからはしっかりサインを受け止めて、なんていっても、正直できるかどうか不安です。だってあまり神経質になってもいけないだろうし、でも大切なサインは見逃せないし。少なくともこの教訓は生かせるようにしていきたいと思います。

ほんと、mumさんの言うとおり、ここに書くことで報われますね。こんなにみなさんの言葉が温かくて元気付けられるなんて、感謝感謝です。

デラの元気な笑顔、待っててくださいね!
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 10:39
●zeroさんへ

本当に、そんなこんなでバタバタした年明けになりました。
今回は本当にいろいろ考えさせられました。
ワンコとの意思疎通って無限に深めていけるような気もします。わたしはこの通り、まだまだまだまだですが。

確かに、家族の絆は強くなったかなぁ。
なにより、デラへの愛情は間違いなく深まりました。

こんな年明けで、どどーんとしている我が家にとっても素敵なお言葉、ありがとうございます。ぜひそんな1年にしていきたいと思います!
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 10:46
●くるみママさんへ

ママさん、心のこもったコメント、とても嬉しかったです。
実は本当に気が気じゃない毎日でした。
どうして気づかなかったんだろう?デラはちゃんと伝えようとしてくれてたのに。って。
今回、いい病院に行けたのも、いい先生にお願いできたのも運がよかったんです。そういう意味ではデラは強運なのかな。
でも一人ではこんなふうに動けなかったことを考えると、周りの人たちにホント感謝です。
獣医さん。なかなか難しいけど、何かあったときはここ!っていう病院を見つけておくと安心ですよね。

元気になったらまた遊んでくださいね!
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 10:57
●こなままさんへ

こなままさーん!心強いお言葉ありがとうございます(涙)。
ほんと、物言わぬワンコの思いを受け取るって難しいです。退院後も辛そうにしているのに、具体的に分かってあげられないもどかしさ。
でも、こなままさんの言うとおり、あまり神経質になってもデラは幸せじゃないと思うし、そこの線引きが難しいですね。わたしはどちらかというと、大概のことは大丈夫って片付けてしまうので、今回のことは本当に教訓になりました。
これからもデラにはいろいろ勉強させてもらいそうです。

めんこい笑顔、comming soon!です(笑)
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 11:04
●ペイントさんちのフランソワさんへ

フランソワーー!!
(なぜか呼び捨てにしたくなる仏蘭西名。)
そうなんですよ。結構大変でした。
オセロの相方、ただいまダウン中。

ジョンくんの肺炎のときもそんなエピソードがあったのですね。
わたしも本当にそんな感じでした。もう少し足を伸ばせば評判の獣医さんもいたのに、混んでるし待ち時間も長いし、と一度も行ったことなかったんです。まさかこんな若さで大病するとは思ってなかったし。
でもそこが甘かったんですね。まさかって時のためのお医者さんですもんね。

わたしなんて完璧からは程遠い人間なんですよー。今回もまたこんな大変なことしでかしちゃったって感じで。それでもデラは澄んだ瞳でわたしを見てくれる。がんばらなきゃな。

最後の2行。泣けてきます。
ほんと、どうもありがとうございますm(_ _)m
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 11:16
●sonaさんへ

新年早々、こんな話を長々と読んでくださりありがとうございました。
思いもかけないことって思いもかけないときにやってくるものですね。
こんなにワンコの言葉がしゃべれないのをもどかしく思ったことはなかったです。

デラは今日あたりから、だいぶ落ち着いてきた様子で一安心です。皆さんにこんなに心配していただける、幸せ者です。近いうちに元気な姿をお見せできるようにがんばります!
Posted by dellaママ at 2008年01月09日 11:21
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1254440

この記事へのトラックバック